「渡る世間は鬼ばかり」終了へ 10月新シリーズで最後

TBS系のホームドラマ「渡る世間は鬼ばかり」(橋田寿賀子脚本)が、10月から始まる新シリーズで終了することになった。1990年に放送を開始した人気長寿番組は、ちょうど10作目で幕を閉じる。

 TBSによると、石井ふく子プロデューサーから「(10作20周年で)ひと区切りとしたい。いいうちに、美しく終わりたい」と申し出があった。最終シリーズは10月14日に始まり、来年9月末まで放送する予定。

Comments are closed.